臨床研究支援に関する公表


 神澤医学研究振興財団は出捐会社であるキッセイ薬品工業株式会社より支援を受け事業活動を行っておりますが、研究助成は、以下の各要件を満たす「公正な公募」により実施するものであり、臨床研究法(平成30年4月1日施行)に定める「臨床研究」を支援した場合でも、「医薬品等製造販売業者等から研究資金等を受けて実施する臨床研究」とは言えず、臨床研究法第2条第2項第1号が定める「特定臨床研究」には該当しないことを公表いたします。
 なお、本公表は、平成30年2月28日付「臨床研究法施行規則の施行等について」(医政経発・医政研発0228第1号)の「4.(4)規則第89条関係」の⑤に基づくものです。

1. 弊財団は、定款において「周産期を中心とするリプロダクティヴ・エイジ及び高・老年期の女性に発現する各種疾患に関する成因、予防、診断、治療等に資するための多角的な研究の奨励等を行うことにより、医療・医学の発展を図り、もって国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的として活動しております。

2. 研究助成の募集要項において、研究課題を特定の医薬品等製造販売業者の医薬品等に係る研究に限定しておりません。

3. 研究助成の募集要項において、助成対象となる者を特定の医療機関又は特定の研究者に限定しておりません。

4. 研究助成の募集は弊財団のホームページに掲載するなど、応募の機会は広く一般に公開しております。

5. 選考に際しては公正かつ適正に実施されております。

6. 選考審査は、最新の知見を有した外部の学識経験者を中心に実施されております。

7. 選考の結果、助成対象となった者は、弊財団ホームページにおいて研究課題とともに公表しております。

8. 助成期間終了後、速やかに助成対象者から研究報告書並びに収支報告書を受けております。